広島地家裁

広島
  • 高地本
  • 広島市中区
  • H29
広島地
地図

(H10)駅から徒歩20分程度だが,電車好きなら広電を使うのもありだ。ただし,所要時間は大して変わらない。高地裁庁舎なら縮景園前で降りるとよい。KKRは庁舎にも近いので使い勝手がよい。ここに泊まるなら,終点の白島まで乗り通して荷物を預けてしまおう。平和記念公園はもちろんのこと,宮島口にも広電が通っているので活用されたい。
(H29)画像差替。東西南北の4棟がロの字型に接続しているほか,民事執行センターが独立して傍らに建っている模様。

広島
  • 家本
  • 広島市中区
  • H29
広島家
地図

(H10)広電の家庭裁判所前駅の目の前にある。裏から出て道路を渡り,拘置所と法務総合庁舎との間を抜けると地裁である。周辺は城跡や名勝縮景園があり,観光のついでにも訪れやすい環境にある。
(H29)画像差替。平成27年にJRとアストラムラインの交点に新白島駅が新設されたことを後から知った。同駅からだと若干徒歩の距離を縮めることができる。ちなみにアストラムラインなら城北駅が最寄りであり,選択コースはいろいろである。

東広島
  • 東広島市
  • H23
東広島
地図

山陽本線西条駅から徒歩10分。新幹線の東広島駅からバスという手段もあるようだが現実的ではない。同行者がトイレ借用のために突入。今回は,あらかじめ職員の了承を得て,怪しい者ではないことをアピールした。帰りに礼を述べたところ,職員が笑顔で答えてくれたとのことである。せっかくだから,酒蔵通りのどこかで1,2本でも仕入れていけばいい。

可部
  • 広島市安佐北区
  • H29
可部
地図

平成26年豪雨による土砂災害を被った可部線を終点まで乗る。西口はバスも発着する幹線道路に面しているが,古くからの街道に通ずる駅前通りは東口である。庁舎には西から出て直行すれば徒歩10分程度だが,東から出て街道の町並みを散策するなら多少遠回りになる。駅東口では「KABEを乗り越えろ」入場券購入の行列ができていた。

大竹
  • 大竹市
  • H23
大竹
地図

大竹駅から古くからの商店街とおぼしき通りを抜けていく。徒歩10分ほどだ。到着後,両名でトイレに直行したところ,すかさず事務室から職員が出てきたので,借用を請う。使用後,直ちに退去するのも怪しいので,事務室前のリーフレットを眺めてるふりなんかしてから,徐に退出する。後から,件の職員が庁舎外まで出てきてうろうろしていたが,何をしていたのだろう。

  • 呉市
  • H23
呉
地図

呉駅の正面から直進して徒歩十数分。庁舎は予想外に容積がでかく,渋い色合いで洒落たデザインなので驚嘆した。5階建と見受けられる。本庁といってもいいくらいだ。それなのに本庁に執行集約するとはもったいないことだ。海軍や海上自衛隊関係施設を巡った後は,「田舎洋食いせ屋」辺りで如何だろうか。

竹原
  • 竹原市
  • H23
竹原
地図

竹原駅からゴーストタウンと化した商店街を通り抜け,町並み保存地区に向かう途中に寄っていこう。徒歩10分ほどだ。保存地区は空き地も少なくなく,果たしていつまで保存できるのか心許ない感じ。「胡堂」や「堀川醤油店」や「西方寺」といった「時をかける少女」ロケ地のチェックを忘れずに。

福山
  • 福山市
  • H21
福山
地図

福山駅から繁華街とは反対側,福山城のある側に出て十数分ほど歩く。ホテルは「キャッスルイン」に泊まると窓から,駅からもよく見える城の天守(復元)が見える。あとは,鞆の浦に足を伸ばすのを忘れてはいけない。常夜燈の辺りでは,架橋反対派の地元民が観光客相手にアジテーションしていた。

尾道
  • 尾道市
  • H23
尾道
地図

(H10)尾道駅から西方に徒歩で20分ほどの国道2号線に面している。庁内で案内図を眺めていたら,職員から「家裁に御用ですか。」と根拠不明だが親切な問いかけをされた。市内散策ではもちろん大林映画のロケ地を探すことになる。事前調査をしっかりしないと「ふたり」の事故現場なんかよく分からないよ。

(H23)画像差替え。ラーメンは「フレンド」で。宇宙一おいしいらしい。渡船で向島に渡るのも楽しい。夜は「玉扇」でお好み焼き。