秋田地家裁

秋田
  • 高支
  • 秋田市
  • H15
秋田
地図

自家用車による訪問。山王の官庁街にあり,秋田駅西口から正面に進む。右手に千秋公園,左手には「本金西武」,そして「木内百貨店」。旭川に突き当たったら左折し,すぐに右折して,そのまま真っ直ぐ進めばよい。徒歩30分もかかるのが難点だが,バスが頻繁に出てるので,歩く人はそうそういないだろう。駐車場はかなり広大なスペースが確保されている。竿灯祭のときは一般開放されるとかされないとか。

男鹿
  • 男鹿市
  • H15
男鹿
地図

私は自家用車での訪問だったが,鉄道旅行者の方は男鹿線終着の男鹿駅で降りれば,徒歩十数分である。緩めの坂道を上った先に建っている。せっかくだから,水族館とか寒風山とか入道崎とか男鹿半島巡りのついでに立ち寄るのがよいだろう。秋田簡裁に統合してしまっても全然問題ないと思う。

能代
  • 能代市
  • H15
能代
地図

我々は自家用車での訪問となったが,鉄道なら最寄駅は五能線能代駅で徒歩10分。奥羽本線からのアクセスは,東能代駅で乗りかえる必要があるのがちょっと不便。「リゾートしらかみ」などで五能線を乗り通すプランにすれば,鰺ヶ沢や五所川原にも寄れるので考慮されたい。ちなみにお食事は「大昌園」で焼肉でもいかが。ジャスコから近い。

本荘
  • 由利本荘市(旧本荘市)
  • H15
本荘
地図

鉄道なら羽越本線羽後本荘駅下車徒歩十数分だ。我々は自家用車での視察となったこともあり,庁舎周辺の観察は全く行っていない。本荘公園辺りを散策してみてはどうだろう。余裕があったら,羽越本線を南下して象潟駅で降り,九十九島の景観を愛でてみたり,更には,鳥海山を眺めつつ,酒田に抜けるという手もある。

大館
  • 大館市
  • H15
大館
地図

庁舎がある大館の中心街は花輪線東大館駅が最寄であり,奥羽本線大館駅から庁舎までは公式サイトによれば徒歩45分とのことである。不便な花輪線に乗りかえる暇があったら,大館駅からバス移動する方が効率的だろう。ちなみに私たちは自家用車使用であった。同行者が執行官とおぼしき者に声をかけられ,物件を薦められていたというエピソードあり。

鹿角
  • 家出
  • 鹿角市
  • H09
鹿角
地図

花輪ばやし見物のついでの訪問。JR鹿角花輪駅からは徒歩3分の至近距離で嬉しい。大館駅から花輪線で1時間。盛岡からなら2時間。快速八幡平をうまく捕まえるのがコツと言えよう。「赤ちょうちん」という名の飲み屋が観光客の方にはお薦め。看板が落下してて,座敷の床がちょっと埃っぽいのを気にしなければよい。

横手
  • 横手市
  • H17
横手
地図

横手駅下車でよいが,奥羽本線の大曲以南は秋田新幹線開通後は特急の走らないローカル線に成り果ててしまい,県外からのアクセスの便は決してよいとはいえない。横手川を超えて,病院傍のそんなに広くもない坂を上っていくと「裁」「判」「所」と書かれた柵が見えてくる。そこでぎゅっとカーブすると庁舎が姿を現す。横手駅から徒歩20分。麓付近に道標でも掲げておかないと,とても分かりにくいと思う。

湯沢
  • 湯沢市
  • H17
湯沢
地図

自家用車での来訪ゆえ,市街地の散策はしていない。JRなら湯沢駅下車徒歩10分ほどだが,ここへのアクセスも横手同様の状況にある。新庄から北上するもの辛いところだ。庁舎は新築間もないといった感じの外観である。道路を挟んだ真向かいには,どこが管理してるのか分からない広い駐車場がある。片隅に秋田銀行のATMがあるんだけど。

大曲
  • 大仙市(旧大曲市)
  • H22
大曲
地図

(H11)大曲駅から一方通行のメインストリートを南下した先の農業高校の南側,徒歩25分の街外れにある。かつてのショッピングスポットの行方であるが,「タカヤナギ」は辛うじて存続していたが,「カネトク」と「パーク」は発見できなかった。大曲の観光といえば言わずと知れた花火だが,大曲小学校の低学年は遠足で登る姫神山も推薦しておこう。丸子川の右岸を山の方に歩いて行くべし。

(H22)耐震補強が施されていた。最近の流行であろう。それから,裏の官舎が滅失し,代わりに3階建ての新しい建物が拘置所との境に建っていた。戸数からして合同宿舎と思われる。

角館
  • 家出
  • 仙北市(旧仙北郡角館町)
  • H17
角館
地図

武家屋敷界隈からは離れた角館南高校付近の交通量もほとんどない閑静なエリアに法務局と並んで建っている。築浅と見られる割と洒落た造りの建物であったよ。新幹線も止まるから訪れやすいと思う。ちなみに,角館駅から徒歩十数分。ちなみに秋田県人は「かくのだて」ではなく「かくだて」と呼ぶ。